お薦め

皮脂分泌抑制タイプ

最近、30代以降をターゲットに皮脂分に焦点を当てたスカルプシャンプーが注目を集めています。

メーカー側も、芸能人、特にお笑い芸人が使い大々的にCMをうっているので、
ご存じの方はもちろん、実際に使用している方も多いのではないでしょうか。

本来皮脂分というのは、肌の保護に必要なものです。
顔の肌をボディソープで洗ってはいけないのも、
顔のデリケートな肌に対してボディソープでは皮脂分を取り除く力が強すぎるからです。
そういう観点でも、育毛においても過剰に皮脂分を取り除くのはプラスにはならないことをまずは理解しておくべきでしょう。

しかし過剰な皮脂分となると話は別です。
多く出過ぎた皮脂分は毛穴に詰まってしまい、なかなかとれません。
そして徐々に酸化を起こし、過酸化脂質になって毛穴、毛根、やがては頭皮全体に大きなダメージを与えます。

油は酸化すると有毒物質に変わります。
手作りドレッシングを長期間保存してはいけないのも、
ドレッシングに使った油が長時間の放置で酸化してしまうからです。
そういった意味でも、普段から脂性であることを自覚している方や、
頭を触るとベタっとしている人、かゆみやフケに悩まされている人は皮脂過多の可能性があります。
そんな方には、今回ご紹介している皮脂分泌抑制タイプの育毛剤がおすすめになります。

皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は、過酸化皮脂ができるのを防ぐタイプの育毛剤です。
使われている成分として代表的なのは、ビタミンB群です。
さて、皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は、ここまでお話ししてきたとおり皮脂の量を減らします。
そのため、このタイプの育毛剤を使用した状態でさらに皮脂除去力の強いシャンプーなどを使うと、
本来頭皮の保護に必要だった皮脂まで取り去ってしまう懸念があります。

他のタイプの育毛剤でも同じ事が言えます。
2種類以上の育毛剤を組み合わせたり、
特別なシャンプーを使ったり、何か病気の治療をしているといった場合は注意が必要です。
余計なトラブルを招かないためには、育毛剤全般の知識を得た上で自分に合うものを選択することが大切になります。

また、理解していることとわからないことを明確に切り分けて、わからないことに対しては手を出さない、
もしくはわかる人(最近では頭髪や頭皮専門のクリニックもありますよね)に相談するようにしていきたいものです。
また育毛剤で血行促進について解説しているサイトも大変お勧めです。是非、ご覧ください。