お薦め

病後や産後の養毛にも効果がある育毛剤

大病を患った後、産後には一時的に脱毛してしまうことがあります。
病気や出産に伴うホルモンバランスの乱れやストレス、生活環境の変化などが主な原因です。
これらは病気が治ったり、出産が無事に終わり、頭皮の環境が元に戻れば自然に回復することがほとんどです。

しかし、人によっては頭皮環境が改善せず慢性化してしまい、
なかなか毛が生えてこないということもあるようです。
ある程度の期間を経て、髪が戻らないようであれば、
やはり頭皮マッサージや頭皮クリーニング、育毛剤の使用といった養毛が必要になってきます。

こちらの育毛シャンプ―とはについての解説も大変参考になりますので是非、ご覧ください。

病後や産後はまだ体が弱っていて、頭皮や毛根もデリケートな場合があります。
そのため、一般の人が使うより効き目が穏やかで負担のかからない育毛剤を使うのが良いでしょう。

少し前までは効き目や使っている実感を重視して、刺激の強い育毛剤が市場を台頭していました。
テレビCMでも、「スキッ」「効くぅ!!」といった言葉がよく使われていたものです。

しかし最近では、短期的な効果より長期的な効果を見る賢い消費者が増えました。
その結果、メーカー側も刺激志向から穏やかで頭皮に優しい育毛剤を作るようになってきました。
100%天然由来の成分を使用したものや、生薬配合のものなど、選択肢が増えています。
中には検査機関の厳しい検査を受けて、高い安全性を証明したものもあります。

もちろん、刺激や違和感があるときはすぐに使用を中止し、皮膚科など専門医の診察を受ける必要があります。
また、最近では皮膚のトラブル全般をみる皮膚科以外にも、抜毛や薄毛を専門にする診療機関が増えてきました。
普段忙しくてなかなか受診できないという場合であれば、インターネットで24時間相談を受け付けていることもあります。

極論になりますが、髪はなくても命に別状はありません。
しかし、健やかな髪を維持できれば、それだけで生活に張りが出てくるのもまた事実。
特に病後や産後の養毛に関心のある方は、以上のことを参考にこれからの養毛に取り組んでみてください。
こちらにおすすめの育毛剤の使い方が載っていますのでご覧ください。